市ノ瀬地区

市ノ瀬地区

案内人:神代 義嗣
南畑の中でも特に見所、食べ所、遊び所が豊富な地区。
市ノ瀬いいトコ、一度と言わず何度もおいで〜。

これば見らんと」①
s
子ども達が帰りたがらない?なら住んじゃう?
中ノ島公園

流れるプール?波打つプール?そんなものより、岩がゴロゴロ、水がキラキラ、魚ウヨウヨの自然のプールが断然楽しい!
洪水でできた中州をそのまま活かして作られた公園は、ホタルが出るほどきれいな水辺で、浅いので小さなお子様も安心して遊べるレジャースポット。木々の木陰もあるので、日焼けが心配な女性にもおすすめです。園内にある生産物直売所「かわせみの里」や近隣に食事処もあり、家族揃って一日楽しめる公園です。

google mapを表示

中之島公園2

 

「これば見らんと」②
s
ご利益と涼の一石二鳥スポット。
日吉神社

中ノ島公園の隣にあり、県指定天然記念物のヤマモモやオガタマノキなど巨木が祭られ、夏の避暑地スポットとしても人気の場所です。普通、神社は村を見渡す高台に多く見られますが、中州の低い場所にあるこの神社。しかし、大洪水の時にも全く沈んだことがないというから不思議です。まさにパワースポット!

google mapを表示

 

「これば見らんと」③
s
明日晴れて欲しい人は棒をお忘れなく。
つっぱり石

田んぼの奥の細い道の脇に、斜面からまるで生えるように出ている大きな岩が…。それが「つっぱり石」です。この飛び出た石に、棒や竹で突っ張りをすると次の日は晴れると言われ、遠足や運動会の前日には子ども達が棒を持って訪れるそうです。逆に、手前の溝を棒でかき混ぜて濁らせると雨になるとか。
ちなみに、この石は男の神様で、女の神様が住む脊振山の方向を向いています。

google mapを表示

つっぱり石2

 

「これば見らんと」④
s
福岡市民の足を支えた南畑産のエコ電気。
南畑発電所

福岡県で2番目に古く、明治44年に発電を開始。那珂川の流水を利用した自然エネルギー発電所です。当時、福岡市の渡辺通りから西新町まで走っていた市電を動かす電気を、全てこの発電所で作っていました。
水を流すトンネルの出口の壁に刻まれた「水伯」の文字は水の神様を表しています。

google mapを表示

南畑発電所02

南畑発電所01

 

市ノ瀬の昔話 「犬の塔」
むかしむかし、この地に一人の武士がおったとさ。ある日、弓を持ち愛犬と九千部山へ狩りに出かけた。途中、武士は疲れたので大木のかたわらに腰をおろした。心地良い風に吹かれ、ウトウトしていると突然、普段は静かな犬がすさまじいうなり声を立ててはじめた。武士は驚いて犬を見ると、背をかがめ毛を立てて、今にも飛びかかりそうな形相で主人をにらんでおった。武士はなだめようとしたが、犬はますます狂わんばかりに吠えだした。たまりかねた武士はついに刀で犬を切ってしまった。胴から離れた犬の首は武士の肩をかすめ大木の枝めがけて飛んでいった途端「ドサッ!」という音とともに、犬に鎌首をかまれた大蛇が木の上から落ちて来た。犬は大蛇が武士に襲いかかるところを知らせようとしていたのだった。武士は心から悔やみ、九千部山の山頂にお墓を立てて供養したとさ。
mukashi02

このページの先頭へ